サイト内検索 powered by Google
 
 ◆全国医師連盟について  ◆イベント情報  ◆解説・オピニオン  ◆リンク他


全国医師連盟第2回選挙結果

全国医師連盟運営委員会が定めた選挙管理委員会細則に基づき、第2回全国医師連盟役員選挙が施行されました。

代表選挙の結果、黒川衛が再選されました。運営委員30名が選出されました。
(第1回の選挙結果はこちら

◆役員選出の日程は以下の通りでした。

【役員選出の日程】
平成21年3月15日 選挙権登録(代表選挙と運営委員選挙)開始
3月29日 代表選挙告示
3月30日 代表選挙候補者受付開始
4月 5日 代表選挙候補者締め切り
4月 6日〜12日 代表選挙
4月13日 代表決定

4月12日 運営委員選挙告示
4月13日 運営委員候補者受付開始
4月19日 運営委員選挙候補者締め切り
4月20日〜26日 運営委員選挙
4月27日 運営委員決定

◆選挙管理委員会細則はこちらです。

全国医師連盟 選挙管理委員会細則

<趣 旨>
第1条
本連盟の代表、運営委員の選挙、全員投票、ならびに選挙管理委員会の選任は、全国医師連盟規約に定めるもののほか、本細則によって行う。

<選挙管理委員会>
第2条
運営委員会は、代表選挙立候補予定者、運営委員選挙立候補予定者以外から、SNS内にて氏名公表可能な会員3名を選出し、選挙管理委員に指名して委嘱する。3名の委員をもって選挙管理委員会を組織し、委員長は委員の互選による。委員長は最高責任者として選挙事務を統括する。

<選挙権、被選挙権>
第3条
代表及び運営委員の選挙権、被選挙権は、会費を納入した全国医師連盟の会員のうち投票権登録を行ったものが有する。但し立候補者は、全国医師連盟SNS内にて実名を公表する義務を負う。

<選挙期日等の提示>
第4条
選挙管理委員会は、通常総会並びに機関紙、電子メール等において、役員の任期切れをもって次回の総会までに選挙を行う旨告示する。選挙管理委員会は、選挙前に投票権登録を行う。代表選挙、運営委員選挙ともに、1週間の告示期間の後、投票期間を1週間とする。

<投票方法>
第5条
投票は、全国医師連盟SNS附属の投票システムを使用する。代表選挙は、一名の投票。運営委員選挙は、定数人数までの複数投票を可とする。

<投票の判定>
第6条
委員長は、期日満了後1週間以内に選挙管理委員会を開催して開票作業を行い、規約第9条に定める定員に基づいて、それぞれ得票順に当選者を決定する。運営委員の当選の要件は、投票者総数の5%の投票数を越えることとする。なお、得票数が同数の場合は、会員暦が長期間であるものを当選者とする。

<当選者の確定、告示>
第7条
委員長は、投票結果を確認したのち、各候補者の得票数その他必要な事項を付して、当選者を執行部、運営委員会並びに全医連SNSに報告する。

<疑義の処理>
第8条
本規定に定めのない事項、若しくは選挙に関する疑義は、選挙管理委員長が運営委員会に諮ってこれを処理する。

<規定の改廃>
第9条
本規定は、運営委員会の議決を経て、改廃する。

<付 則>
本規定は、総会での承認の後、平成21年6月1日から施行するが、平成21年度の役員選挙もこの細則に準じて行うこととする。
郵送投票など、将来投票方法に大幅な変更があった場合は、委員資格、委員の人数等についても再検討する。