サイト内検索 powered by Google
 
 ◆全国医師連盟について  ◆イベント情報  ◆解説・オピニオン  ◆リンク他


勤務医の労働環境を考えるシンポジウム

6月28日(土) 東京医科歯科大学にて小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会主催のシンポジウムが開催されます。全国医師連盟も共催しています。



◆あなたを診る医師がいなくなる!
〜過重労働の医師を病院は守れるのか〜
http://sky.geocities.jp/shyuju2008/sym062808.html

 勤務医の労働環境を考えるシンポジウム実行委員会(実行委員長:松崎道男/松崎内科クリニック院長、元虎の門病院輸血部長・医療安全対策室長)は6月28日(土)、「あなたを診る医師がいなくなる!〜過重労働の医師を病院は守れるのか〜」を開催します。


日時:2008年6月28日(土) 13時半〜16時20分(開場12時40分)
*開始が当初より早くなっています。

会場:東京医科歯科大学講堂(5号館4階)

交通:JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅(御茶ノ水橋口)、
   東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅(医科歯科口)すぐ

 

 

司会:田辺 功 氏
/医療記者歴40年、近著に『ドキュメント 医療危機』進行役:塚田 真紀子 氏/著書に『研修医はなぜ死んだ?』、共著に『壊れゆく医師たち』

シンポジスト(五十音順)
●伊関 友伸 氏「地域の財産としての病院のあり方」
/城西大経営学部准教授 医療経営アドバイザー、近著『まちの病院がなくなる』

●岩田 喜美枝 氏「過重労働の是正―女性医師が働き続けるために―」
/資生堂副社長  元・厚労省雇用均等・児童家庭局長

●前村 大成 氏「過重労働、管理者としてその後すべき対応」
/元・都立府中病院院長 医師の労働環境問題に取り組んだ経緯あり

●松村 理司 氏「“救急”を断らない病院を支えるもの」
/洛和会音羽病院院長 勤務医の過重労働軽減と病院の質向上に奮闘中

 2人の医療ジャーナリストが司会・進行役を務めながら、患者・患者家族、医療関係者・医療系学生、子育て中の母親たち、一般希望者と熱い議論を交わしていく予定です。是非ともいらしてください。そして、多くの方々に伝えてください。このままでは、あなたを診る医師がいなくなってしまうことを。そうならないように、どうしたらいいのかを。


対象:患者・患者家族 医療関係者 医療系学生 一般希望者(定員300名)
会費:100円(資料代として)

主催:小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会
共催:NPO法人医療制度研究会
   全国医師連盟
   『知ろう!小児医療 守ろう!子ども達』の会、
   県立柏原病院の小児科を守る会 
   I-Cube
後援:構想日本

◆懇親会◆ 
時間   17:30-20:00(飲み放題)
会費   3,500円(一律)
場所   『ぷらざ』お茶の水店(JRお茶の水駅徒歩1分)
      千代田区神田駿河台2−1 プラザ御茶ノ水ビル1F
      TEL JP JP JP JP +81 332930240 Call Call Call Call
      http://www.hotpepper.jp/A_20700/strJ000000094.html
申込   6/21(土)までに、nth-naka@mth.biglobe.ne.jp(中原のり子)宛てに
      メールでお申し込み下さい。件名を「懇親会」として、お名前、御所
      属をお書き下さい。