サイト内検索 powered by Google
 
 ◆全国医師連盟について  ◆イベント情報  ◆解説・オピニオン  ◆リンク他


医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟のシンポジウム(H20.4.12)

シンポジウムは大盛況でした。黒川世話人がシンポジウムで提言しました。

参考リンク

医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟

議連発足記念・真の公聴会

総合司会:西田実仁 参議院議員

左からの並び
超党派議連より コーディネーター席 3名
世耕弘成 参議院議員
鈴木寛  参議院議員
土屋了介 国立がんセンター中央病院長(議連医療顧問)

テーブルを分けて 議連より質疑参加者 4名
塩崎恭久 衆議院議員
仙谷由人 衆議院議員
尾辻秀久 参議院議員
高久史麿 日本医学会会長

同じテーブルに続いて シンポジウム提言者 9名
網塚貴介 青森県立中央病院総合周産期母子医療センター新生児集中治療管理部部長
有賀徹 日本救急医学会理事・昭和大学病院副院長
内田絵子 NPO法人がん患者団体支援機構副理事長
内田健夫 日本医師会常任理事
嘉山孝正 山形大学医学部長・脳神経外科教授
黒川衛 長崎県西海市真珠園療養所 内科医
桑江千鶴子 東京都立府中病院産婦人科部長
丹生裕子 兵庫県立柏原病院小児科を守る会代表
久常節子 日本看護協会会長

提言する黒川世話人

 

全国医師連盟の黒川衛です。

患者さんを助けようとしている医師は助けてください。
患者さんを救おうとしている医師を救ってください。

このまま、医療費の抑制が続き、診療環境が改善されないならば
必ず医療崩壊が起きます。もう、既に起きています。

今の医療行政は、医療制度偽装だと思っています。

■医師配置基準は無視されています。
■医師の労働基準法違反は放置されています。
■医師の時間外労働の賃金はその大半が支払われていません。
■病院勤務医は連続32時間労働を月に3回以上無理強いされています
■勤務医の平均労働時間は過労死労災認定基準をはるかに超えています。

このような、医療体制で、国民の命が守れるのでしょうか?

そして、診療の結果が悪ければ逮捕という、異常な事態が起きています

■長時間の医療労働、医師技術料の抑制、診療所の赤字経営、閉院廃院、医師バッシング、偏向報道、不当逮捕、不当判決が続出しています。

医師不足の中で、現場の医師達の士気を奪う事態が相次いでいます。
現場に残っている医師達が、誇りを持って医療に携われるようにすること、これを抜きにして、医療の再生は不可能なのです。

医療崩壊を防ぐためには、
●困難な症例の診療を行い、真摯に救命活動、診療をしている医師を法的に守ってください。
●医療費抑制政策を改めて、せめて他の先進国並みの適正な医療費を確保してください。
●人員不足の医療従事者に鞭を打つことは、止めて、医療現場を守ってください。

病院を元気にすれば、驚くほどの雇用が確保できます。
医師が雑用から解放され医療に専念できれば、心のゆとりが出来て、
患者さんの痛みや苦しみをもっと深く共感することが出来ます。

医学医療立国を実現させれば、諸外国から患者さんが大挙し
医薬品医療関連企業も日本に学びに来るかもしれませんね。
医療費は決して無駄金ではありません。医療は国民と更には国を元気にすることが出来るのです。

■■■■■
具体的な提言、提起です。

超党派議連の皆さんは、議員立法を真剣に考えてください。
議員立法の内容は、二つです。

■医師に限らず、救命活動における刑事免責を確立してください。
■損害賠償に変えて、無過失保障制度、患者家族救済制度を国は設立して下さい。

この救命活動時の刑事免責と患者家族救済制度のセットによって
悲しみのさなかにいる患者家族は救済され、
患者を救おうとする医師も救われます。

それから、
■先進国並みの適正な医療費を確保し診療点数などにも反映させてください
■医師の長時間労働を放置せず、取り締まってください。


●1救命活動時の刑事免責
●2患者家族救済制度の国による設立
●3先進国並みの医療費、診療報酬の増額
●4長時間労働を放置する病院を取り締まる

この4点を実行すれば、医療崩壊のスピードは弱まります。